引越し

引越しの重大な点まとめ!ガラスの十代に負けない!
引越しで絶対にわすれていはいけないことを紹介しています。

引越しの準備で気を付けること

引っ越しは、荷物が多ければ多いほど大変だと思います。重くて大きいものは、引っ越し業者の方に任せればいいと思いますが、洋服や本やキッチン用品などのダンボールに詰められるものは、詰めるときに気をつけることがあります。 荷物が多いと同じダンボールがいくつも積み重なりますが、どのダンボールに何を入れたのかを明確にしておくと、後で片付けるときにかなり楽になります。引っ越し業者によっては色違いのガムテープをくれるところもあり、それで荷物を種類別に分けておくことができます。あとは、ダンボールの外側に何を入れたかをその都度書いておくと、わかりやすくて後々楽になります。 引っ越しをすると体力的にも疲れることが多いので、工夫しながら梱包していくのがいいです。

参照

奈良 引越し神戸 引越し

引越し後の挨拶で手土産は何がおすすめ?

引っ越し後のあいさつの手土産ですが、”これだ!”というものがあります。それはタオルです。タオルというのは自分で買うという機会って意外に少ないんじゃないかと思うからです。我が家の場合、大体が人にもらったものや、引き出物のタオルを使用するケースが多いです。また、タオルって多くなってもそんなに悪いものじゃないと思います。もし多くなったのなら、古いタオルを捨てればいいだけの話ですし。もちろん、何に使うかわからないような小さいタオルは論外ですが、ハンドタオル、フェイスタオルレベルの大きさ以上なら、何をあげても喜ばれると思います。最後に、食べ物ですが、これは人により好き嫌いが激しく分かれるのであまりお勧めしません。

引越し後の挨拶はする必要あるの?

私はこれまで4度の引っ越し経験があります。 子供の頃に2度、社会人になり1人暮らしをするようになってから2度です。 全てマンション住まいですが、どこへ行っても引っ越しの挨拶を欠かした事がありません。 私の場合ご挨拶するのは、左右と上下のお部屋です。 仕事が終わるのが遅く夜中に家へ帰る事が多かったので、ご挨拶の品と一緒に「夜中に帰る事がありますが、煩くしたらすみません」と予め言っていました。 その為か、一度も文句を言われた事もトラブルが起こった事もないのです。 逆に、自分の住んでいる部屋のお隣や上の部屋に、新たな住人が引っ越してきた事もあります。 挨拶をしない人もおり、そんな人に限って深夜に大きな物音を立てたりする人が多く、嫌だなと思っていました。 後々の事も考えて、挨拶は大事だと思いますので、した方がいいでしょう。

友人の引越し祝いのマナーで気を付けること

引越してから近隣住民との付き合いは避けて通れないが、その第一印象を操作するのは引越し後の挨拶回りと引越し祝いではないだろうか。挨拶回りの際には取り繕うことができるが、引っ越し祝いではそうはいかないかもしれない。というのも、初めて友人を新宅へ招くということは本人がどのような人物なのかその友人を通して見えてしまうこともあるためである。お酒を飲んで騒いでしまった際にはお隣、マンションの場合には上下の階から苦情が入る場合がある。第一印象が最悪で、それからその印象を変えて平穏な暮らしを得ることが難しいことは火を見るよりも明らかだろう。新生活のスタートをしくじってしまうのはもったいないので、周りの住人に迷惑をかけないように友人の引越し祝いを楽しむことが大切である。

メニュー